薬剤師転職サイトの非公開案件が狙い目

薬剤師転職サイトの非公開案件が狙い目

薬剤師の求人を探す場合、一般的には求人情報誌を参考にしたり、薬剤師会で求人を検索するケースがほとんどだといえます。しかし、好条件の求人を探すことは難しく、見つけたとしてもすでに応募が殺到して高倍率になることが多いのではないでしょうか。

そのため、かなり条件などを妥協して、仕方なく仕事に就く薬剤師が増えてきているといえます。特に、都心部で働くことを希望している薬剤師パートはドラッグストアなどで勤務するケースが増えており、薬剤師本来の仕事以外をこなさなければならないことから、不満も多いと言えます。
アルバイト薬剤師(夜間&単発)

そこで、是非参考にしたいのが、非公開案件です。非公開案件は、一般的に公開されていない求人案件の事を指しますが、薬剤師専門の求人を扱っている求人支援サービス会社に無料登録することで、閲覧することができるようになっています。

ところで、そもそもなぜ非公開案件が存在するのでしょうか。それは、求人を出している企業や医療機関などが、効率よく優秀な人材を集めたいからです。特に、注目されやすい企業や医療機関は、求人案件を一般企業と同じように出してしまうと、応募が殺到することがほとんどです。

そうなると、書類を処理する時間などに手間がかかり、人材を確保するためにかなりの労力と時間を必要としてしまいます。ですから、薬剤師専門の求人を扱っている就職支援サービス会社だけに、非公開として求人案件を掲載することによって、無駄な事務処理などの手間を省こうとしているわけです。

転職サイトを活用して効率のいい転職活動を

このようにみていくと、薬剤師専門の求人を扱っている就職支援サービス会社に今すぐ登録したくなりますが、手当たり次第登録しても意味がありません。薬剤師転職サイトランキングなど活用して、効率よく転職サイトを利用する必要があります。

利用者数が多く、多くの人から支持されているところに登録することをおすすめします。また、担当のコンサルタントによっても、サポートの内容や対応にバラつきがありますので、利用者の体験談なども参考にしながら、いくつか登録をしていくと良いでしょう。

薬剤師業務の今後の展開

調剤薬局というと、以前は積極的に病院やクリニックと提携する形が多いイメージでしたが、近頃は調剤薬局の形にも変化が見えます。が、そうはいうものの現在だって新しい店舗をどんどん作る薬局も少なくありません。大手のドラッグストアなどは、調剤薬局を併設したお店に力を入れて、薬剤師の求人を頑張っている店舗もあるようです。

とはいえ薬剤師さんの数は無限ではありません。その無限ではない薬剤師さんを各薬局で取り合う形になるため、小さな薬局などは大手の薬局に負けないように、色々な対策を練っているようです。

中には在宅というケースを強化する薬局もあります。お医者さまと一緒に患者さんの家に伺い、薬の処方やデータをお医者さまと共有して、治療を行うような形も徐々に増加しているようです。他にも老人ホームなどの高齢者施設と提携することによって、患者さんの心身に寄り添った薬の処方を考えるケースもあります。
福井総合病院グループ

上記のようなケースでは薬剤師の調剤スキルや経験が重要ですが、一緒にケアを行うお医者さまや看護師さんとのコミュニケーション能力も重要になるでしょう。従って接客経験が豊富な薬剤師さんや、営業経験を持つ薬剤師さんの方が、向いている業務だと考えられます。薬剤師としてのスキルがある程度の水準まで辿り着いているのであれば、次に磨くべきは営業力や協調性かもしれません。

以前薬剤師さんというと、研究職とも考えられていました。処方箋通りにきちんとお薬を出すのが薬剤師の業務、余り人と話さなくて済む事が、薬剤師という職業の魅力だと考えている人も多かったと聞きます。ですが現在はそれとは異なり、服薬指導も行う必要もあれば、医師と薬を照らし合う作業も必要なのが薬剤師です。

調剤業務だって接客スキルは重要ですよね。メーカーさんや卸業以外でも、薬剤師さんが営業の矢面に出てくる機会も増えつつあります。メーカーの営業さんじゃないのに営業力なんて不要、という時代は終焉を迎えつつあるのです。

薬剤師はソフトを受け持っているのは当然ですが、オーナーの代理としてハード部分を担える薬剤師の需要が、現在少なくないと考えてください。スーパーバイザーという役目を持った薬剤師は、ドラッグストアや大規模調剤薬局には存在します。今後はもっと増えてくることは目に見えています。 興味を持った薬剤師さんもいるでしょうか?

転職サイトに登録し、コンサルタントに伝えることで、営業職や、スーパーバイザーに関わる仕事を紹介してくれることも多くなって来ました。調剤業務のみの薬剤師さんよりも、貰える報酬も多いのが一般的ですので、気になる方はコンサルタントさんに尋ねてみてください。

薬剤師のアイデンティティを活かすには

薬剤師さんに限らず、自分らしく働きたい、自分の長所を生かして働きたい、そう思っている人は多いです。ですが叶えられている人はそんなに多くありません。自分らしく働くということは、自分ににぴったりの職場に勤務することが求められるからです。自分の良さを出せるような仕事をしたい究極の職業は、自分で会社を作って社長になることなのかもしれないですね。それもまた困難なことに感じます。

何を基準にして「自分の良さを活かす」と言えるのかは人それぞれですが、普通に考えると調剤薬局ではそれを叶えられる可能性は、余り高くないかもしれません。あなたのアイデンティティが薬剤師であれば別にそれでも納得できますが、薬剤師とアイデンティティがイコールになることはないように感じます。

もしも自分の良さを出せる仕事に付きたい、自分の得意なことを職業にしたい場合は、薬局のオーナーになるのがベストでしょう。コツコツと調剤業務をこなす人は忍耐力があります。ですが調剤という業務は、一定のスキルがあれば薬剤師さんであれば、代わりがきく業務です。自分らしさ、を追求するには向いていない業務だと思います。

以前薬剤師として働いている知人が転職サイトのコンサルタントさんから伺った話になりますが、まずは調剤薬局で数年仕事をし、スキルを学んだあとに、自分が調剤薬局の社長になることを勧められたそうです。その彼は、調剤を行うことがアイデンティティではないと感じていたため、目指す方向としては間違ってないかも、と感じたのだとか。

大切なのは、自分と特性とは一体どんなことなのか、スキルを活かせる業務は何なのか、いつもアンテナを張る必要があるということでしょう。そうすることで自然に自分の進むべき道が現れるはずです。自分のアイデンティティは薬剤師に加えて○○です。○○という部分を大切に考えてください。

とはいえパートをされている主婦の方でしたらまた成長プランは変わって来ます。自分のライフ計画に沿って、薬剤師転職活動を行うのがベターです。休業明けの薬剤師パートの方に、「オーナーを目指そう」と言ってもしっくりこないですよね。

企業勤務をしている薬剤師さんで、いつか独立を考えているのであれば、薬剤師をしながら店長になる、という未来もあるという事になります。自分らしく働ける場所を探していきましょう。

↑ PAGE TOP