専門薬剤師について

専門薬剤師について

薬剤師という職業は、様々な薬剤を調剤する仕事として広く知られてきました。 しかし、2008年に専門薬剤師制度が登場してから、特定の分野における 専門性を持った薬剤師が、現場で求められるようになってきたといえます。

そもそも、専門薬剤師とはどのような資格なのでしょうか。詳しくみていくこと にしましょう。一言で専門薬剤師といっても、いくつかの種類があります。

現在のところ、日本病院薬剤師会が認定している、5種類の専門薬剤師が有名で、 がん専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師、精神科専門薬剤師、授妊婦・乳婦専門 薬剤師、感染制御専門薬剤師となっています。

上記の他にも、日本静脈経腸栄養学会で認定している、栄養サポート専門薬剤師 など、いくつかの医療関連団体がそれぞれ専門薬剤師を設立し、認定していると いうのが現状です。

これらの専門薬剤師は、様々な薬剤に精通しているだけではなく、特定の疾患に 関係する薬剤にも詳しい専門家ということになります。

例えば、がん専門薬剤師の場合、がん治療で使用される薬剤について熟知して いるということになりますし、HIV感染症専門薬剤師であれば、HIV感染症の治療 に関係する薬剤のことを、深く理解している薬剤師だといえるのです。

また、専門薬剤師は、薬剤に関する情報を医師に提供することはもちろんのこと、 専門分野の最先端医療について、医師と同じレベルで会話ができるほどの知識と 経験が求められます。

これは、薬剤師だけに限らず、医師や看護師などの職業においても、 同様の傾向がみられます。1つの診療科の中でも、この病はこの医師と看護師と いう具合に、各専門分野の医師や看護師が治療にあたるのが主流となってきて いるのです。

以上、専門薬剤師についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 上記の流れは、高度医療の時代である現代の医療業界で、益々加速していくこと でしょう。

専門薬剤師の存在は、まだ一般的には広く知られていませんが、医療業界の分業化 が進むにつれて、専門分野で活躍する薬剤師が数多く登場する日は、すぐそこまで 来ているのかもしれません。

↑ PAGE TOP