専門薬剤師の年収や待遇ってどうなの?!

専門薬剤師の年収や待遇ってどうなの?!

専門薬剤師を目指していく上で、気になることの1つに待遇があります。 専門薬剤師の待遇は、薬剤師と比較すると何が違うのでしょうか。

結論からいいますと、専門薬剤師の制度が2008年に出来たばかりという こともあり、詳しいデータがまだ揃っていないというのが現状です。

とはいえ、専門薬剤師は薬剤師の資格の中でも最高峰の資格であり、 ごく限られた人しか専門薬剤師になることができないといわれています。 そのため、待遇に関してデータがないにしても、他の薬剤師と比較すると 恵まれた待遇だといっても良いかもしれません。

ちなみに、病院薬剤師の平均年収が、だいたい500万円から600万円程度 だといわれていますので、専門薬剤師はそれ以上の年収や待遇である可能性が 高いといえます。

ただし、薬剤師関連の職業の中でも、大変恵まれた待遇である、製薬会社勤務 の薬剤師には敵わないと言えそうです。製薬会社といっても、様々な業務が ありますが、特に営業職に就いている薬剤師は、年収で1千万円以上稼いで いることも珍しくありません。

ということは、専門薬剤師は薬剤師や認定薬剤師よりも待遇が良いけれども、 製薬会社の営業職の待遇とまではいかないといえそうです。

このように、専門薬剤師の年収や待遇についてご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか。

そもそも専門薬剤師を目指す人は、待遇云々ということで資格の取得を目指すの ではなく、仕事に対するやりがいや、キャリアアップのために目指すケースが 多いといえます。

ですから、待遇に惹かれて資格の取得を目指す人は、ほとんどいないというのが 現状ですが、そうはいっても、かなりの努力と苦労を重ね、やっとの思いで 取得することができる資格です。

努力してきたことが、報酬や待遇という形で返ってくることを、全く望んで いないわけではないでしょう。

薬剤師への指導も行う、責任重大な役割を担った資格でもありますので、専門薬剤師の需要が高まるとともに、現在よりも待遇が改善されていく可能性は、十分ありえる話だと言えそうです。

↑ PAGE TOP