がん専門薬剤師の業務内容と役割

がん専門薬剤師の業務内容と役割

医療技術が非常に発達したことから、早期発見の段階であれば、高い確率でがんが完治するようになってきましたが、治療法は大きく分けると2パターンしかありません。手術によるがんの摘出と、抗がん剤などの薬剤を使用した治療法の2つです。中でもがん専門薬剤師は、後者の薬物治療に深く携わるがん治療のスペシャリストといっても過言ではないでしょう。

現在の日本では、3人に1人ががんで命を落としているという背景があります。 そのため、がん専門薬剤師の存在は、大変注目されているのです。

ちなみに、がん専門薬剤師は、がんの治療で使用する薬剤に精通し、 がんに関する免疫学や臨床について、日々研究を重ねています。

患者さんの症状に適した抗がん剤を処方するだけではなく、副作用や症状を 細かく観察し、できるだけ苦痛を与えずに効果的な治療を進めることができるよう、 最善を尽くしているのです。

がん専門薬剤師の資格が登場する以前は、医師が出した処方箋に基づいて、 抗がん剤や治療薬を調剤するだけでしたが、現在は違います。薬剤に関する 最新情報や、より良い薬剤の組み合わせについて、医師に提案することも珍しく ありません。

つまり、医師の負担を軽減するとともに、常に患者さんの立場に立って、 処方の設計や処方の提案なども行っていくのが、がん専門薬剤師の業務内容の 一環であり役割の1つでもあるのです。

また、現場で身に付けた知識や経験を、これからがん専門薬剤師を目指す後進に 指導していくということも役割の1つです。

がん専門薬剤師は、難易度が高い資格だということもあり、まだまだ資格保有者 が少ないのが現状ですが、だからこそ人材の育成に力を入れなければなりません。

今後、がん専門薬剤師が日本中の病院に在籍するようになれば、がん治療が より進歩し、適切な治療を今まで以上に提供できるようになるでしょう。 そう言った意味でも、がん専門薬剤師の増加は、多くの人が待ち望んでいること だといえそうです。

↑ PAGE TOP