薬剤師は女性が6割!結婚・出産はどうする

薬剤師は女性が6割!結婚・出産はどうする

薬剤師は、ほかの業界と比較すると離職率が高いといわれています。 その理由には、全体の6割が女性である、ということがあるようです。 女性の場合、結婚や出産を機会に仕事を辞めてしまうケースが多いのです。

薬剤師の仕事にやりがいを感じていると、結婚や出産をしても、 仕事を辞めたくないと思っていても、薬剤師の仕事はとても忙しく、 残業や休日が不定期な場合があります。

結婚をして家事と両立ができるか、出産をして育児と両立ができるか、 と悩んだときに仕事よりも生活を重視する方向に流れていくのでしょう。

結婚をしても、薬剤師の仕事を続けたいと思っている場合は、家族の協力や 理解が必要です。結婚して、フルタイムで働くのが無理だと思ったら、 パートで働くことを検討してみてはいかがでしょうか?

そして、出産の場合は退職してしまうケースが多いようです。 育児と仕事の両立は難しいと考えるのと、しっかりと子育てもしたいという思い もあります。

出産や育児のために退職しても、薬剤師の資格を生かしたいという気持ちや、 子どもの成長とともにお金がかかるから、などの理由で再就職を希望している 方が多いです。40代の薬剤師転職は以下のサイトが参考になります。

この場合は、圧倒的にパートで働くことを選んでいます。 子どもがいれば、学校行事や子どもの急な病気で休む可能性がありますし、 子どもだけで留守番をさせたくない、という思いもあるからでしょう。

先にも述べましたが、薬剤師の6割は女性なので、雇い入れる側も、結婚して いることや子どもがいることなどを考慮して採用しています。

会社によっては、託児所が設けられていたり、シフトの希望はなるべく受け 入れたりするような体制が整っています。

反対に、急な欠勤や休みが多くなることを予測して、採用しないという会社も まれにあります。ですが、結婚していても子どもがいても、仕事をしている人 はたくさんいます。

このような状況でも、採用してくれる会社はたくさんありますから、 インターネットサイトや薬剤師を専門にしている人材派遣・紹介会社などを 探してみましょう。

↑ PAGE TOP