医薬品メーカーから調剤薬局への転職について

医薬品メーカーから調剤薬局への転職について

薬剤師が活躍できる職場、薬局や病院ばかりではありません。 正社員でやりがいのある仕事をしたいという人のなかには、 医薬品メーカーの新薬の研究や開発にたずさわっている人もいます。

もちろん、男性だけでなく女性でも、新薬の研究、開発たずさわっている 人はいます。

転職をする理由には、待遇に関することや人間関係、生活環境の変化など があります。大手の医薬品メーカーに勤めていても、研究などではなく 患者さんと向き合いたいと思っている場合もあるでしょう。

医薬品メーカーから調剤薬局には、薬剤師の資格を持っていれば、 なんの問題もなく転職できるでしょう。

しかし、医薬品メーカーで新薬の研究や開発を行っていたという場合、 薬の効能や副作用などの知識は十分にありますが、患者さんとの接する機会と いうのはほとんどありません。

調剤薬局では、医師の処方せんどおりに薬を準備することだけが仕事では ありません。薬事法の改正によって、薬の効能や副作用の説明などをし、 間違いなく飲むように指導しなければなりませんので患者さんとの コミュニケーションがとても大切になります。

処方せんを作成する医師も、患者さんのアレルギーや治療中の病気、 服用中の薬について問診を行っていますが、薬剤師も薬の説明をするときに、 体調や薬を飲んで違和感はなかったか、など簡単な問診もしておかなければ なりません。

また、高齢者になると、いくつかの病気を同時に発症している場合もあり、 そのことを医師に伝えていればよいですが、伝えていない場合もあります。

効能が似たような薬を何種類か飲んでいたり、飲み合わせの悪い薬を飲んで いたりする場合があります。

このようなときは、処方せんを作成した医師に連絡を取り、患者さんから 聞いたことを伝えて、薬を渡しても問題ないか、しっかりと確認をとることで ミスを防ぐことに繋がります。

これらは、患者さんとの会話で得られる情報なので、準備をした薬を渡すだけ の薬剤師では、患者さんの情報が得られないのです。

↑ PAGE TOP